「わかった」という返事について

   

夫と長男には、とても似ているところがある。

 

代表格が、返事がいい加減なところ

「わかった」って言うのに何度も何度も同じことをして、私に怒られる。

「わかった」って言うのは、「もうしないように(出来るだけ努力)する」ということだと思っていたけど、どうやら彼らの「わかった」は意味が違うらしいということに今日気がついた。

彼らの「わかった」に共通しているのは、この場をやり過ごしたいという気持ち。

私がどうして怒ったのか、何に怒ったのかは着目されていなかったみたい。
だから何度もやるんだな。

怒られてるうちにめんどくさくなって、(怒ってる私がうるさいから)この場をどうにか収めようとして、口から出るのが「わかった」だったんじゃないかと思う。

 

そりゃ、何度も同じことするよね。笑
何で怒られたのか「わかって」ないんだから!

これに気づいたの、私にとっては大きな発見だ。

明日から対処法を変えてみようと思います。。

 - つぶやき