【シンクロ】バタフライ効果

   

前回、シンクロについて書きました。

偶然の一致、共振、思っていたら目の前に現れた、など。

 

 

今日気がついたシンクロは、

  • 同じメッセージを1日に2回受け取った

という内容です。

 

 

今朝、家族でご飯を食べていたらふいに旦那さんが「ブラジルで蝶が羽ばたくと全然別な場所で竜巻が起こる」・・・みたいな内容を話し始めました。

どういう脈絡でその話を口にしたのか全然覚えていません。

それ以上突っ込むこともなく、掘り下げて会話することもなく、ただ、この言葉だけがなんとなく聞こえていた状態でした。

 

 

そして今度はその晩のこと。

私はある方のメルマガを購読してるのですが、夜に届いたその内容がなんと!

まさに今朝旦那さんから聞いたあの「ブラジルの蝶」の話が冒頭に書かれていたのです・・!

 

 

私は4○年間生きてきて、この話を聞いたことはありませんでした。

いえ、もしかしたら耳にしたことはあったのかもしれませんが、少なくとも私の記憶には残っていませんでした。

 

旦那さんから初めて聞いた話を、偶然同じ日に届いたメルマガで読むという不思議なシンクロ。

 

気になって調べてみると、これはバタフライ効果、バタフライエフェクトと呼ばれ(そう言われると言葉は確かに聞いたことはあります)、

「ブラジルの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか」

と云うアメリカの講演のタイトルに由来しているそうです。

 

本当に起きるのかはともかく、蝶の羽ばたきのようなほんのわずかな揺らぎが、周囲に小さな影響を与え、やがて大きな影響になっていくというたとえ話のようなものです。

 

 

さてここで考えるのがどうして私は1日に2回もこのメッセージのようなものを受け取ったのか?ということです。

 

もしかしたら、こうしてシンクロについて記録を始めたことが関係しているのかな?と思いました。

 

私のほんの小さな実験が、やがて家族や周囲に良い影響を与えるかもしれない、

 

そしてやがて雪だるまのようにコロンコロンと大きな役割になって、地域や世界を幸せにしていくことにつながるかもしれない!

 

 

・・・なんて都合の良いことを考えてしまいました!

別に私は自分を過信しているわけではありませんし、あくまでも私の中の勝手なお遊びだと思って読んでもらえると嬉しいです。

 

直近で思い出せるシンクロをまだ2つほど覚えているので、また書かせてくださいね。
それでは。

 

 - シンクロ