ホロスコープの右半分に天体が集中しているケース

      2017/08/14

私のホロスコープの特徴。。

 

西側、特に7ハウスに天体が集中!!

これってどういうこと?と解き明かしたいのが占星術への興味が尽きない理由の一つです。

いつもこの「天体がある」方のハウスにばかり気を取られていますが、今日ちょっと違う角度からヒントを頂いたような気がしました。

大好きでいつも楽しく読ませていただいている、Rayさんのブログより引用させていただくと。。

 

4、5、6ハウス=社会や他者がいる世界に自分を表現していく前に、自分自身の心や感性を育み、スキルを磨いていくハウス

7、8、9ハウス=他者と関わることで自分を変容させたり、人生を探求していくハウス

 

とありました。私は人と関わった時(特に学びの場)、自分はなんてちっぽけな存在だろうと感じていました。

他の人が持つスキルに比べると私が持つものは大したことがない、

もっと何かを持ってから関わらないとダメなんじゃないか、

私は今まで何をしていたんだろう、

 

・・・のようなことを考えていました。

 

でももしかしたらそういうことではなくて、私は他者と関わることで人生を探求させていくことがテーマというか強調されているのではないかな?

 

何も持っていないように感じたって

 

そのままの自分で良いから

 

人と関わって意見をぶつけたりしながら、新しい視点を知ったり、自分を高めたりしていく方がいいんじゃ?

と言うよりそうしかできないんじゃ?笑

 

他者がいない世界なんて考えられない、と私も思っています。
(もちろん一人の時間も大切。)

 

夫は前にも書いたかもしれませんが1、2、3ハウスに集中している人です。
お互いに足りない部分を補完しあう関係性なのかな、と思いました。
(実際にパートナーにはそういう関係を求めて出会うことも多いそうです。

占星術に振り回されるのはゴメンですが、こうして少しづつ謎が解き明かされていくのはとても楽しい。

もちろんこの「解ける」感覚も主観でしかないんだけど、星がそう言うなら抗えるまい、、悩むのヤメにして、いい方向に、建設的に使える方向に自分の思考やエネルギーを使っていきたいと思うのです。。

 - 星空からのヒント(占星術)