占星術を知って、それでいいんだよって言ってもらえたような気がした話

      2017/07/19

ちょっと大げさな気がしないでもないですが、私はホロスコープに記されたブループリントを見て気づいたことがありました。

 

「これでいいのか悩んでいたけど、私はこれでいいのかもしれない」と思えたこと

 

 

その中の一つが、私はどうしてこうも「知りたがり」なのかっていうこと。それもいろんなことやジャンルに首を突っ込みたくなるので、一貫性がないように思えるのです・・。
好きなことも多いしやりたいことも多い(ような気がする)。

 

私の中では「何か一つのことを深く追求してやっている人」ってめちゃめちゃカッコよく映るんですね。

昔気質の職人さんとか、得意な楽器を一つ持っているとか。webデザイナーさんとか・・。

 

それはやっぱり「自分ができていないこと」だから憧れるんだなと思う。ないものねだりだから。

深く追求はしてみたい。

でも「それだけ」っていうのは私はやっぱり無理で、多分「それ」をやっていたとしても他のことも知りたくなるしやりたくなるんだろうなぁ。

 

なんて思っていたら、今日あるブログでこんな記事を見つけました。

興味の対象は太陽ハウスではなくて、その次のハウスだよね。

 

その方は、上のタイトルにあるような仮説(仮に【太陽ナイガシロ説】)を立ててらっしゃるんだけどこれがまさにビンゴ!

私は太陽8ハウス→知りたい知りたい知りたいだし、
夫は太陽3ハウス→家族を大切にする

 

読んでいて「わぁ!」って思っちゃった。

 

それでその次の記事でこうも書いています。

【太陽ハウスナイがしろ説】次のハウスは孔雀の羽である説。

 

ほとんどの人は太陽の入っているハウスではなくその次のハウス的なことにもともと興味を持っている。

その興味のあることをどんどんやっていくと、自然と太陽ハウスの資質を埋めるようになっていく。

 

太陽をやるといい、っていうけどそれはダイレクトにやるんじゃなくてちょっとそれた右横の入り口から入っていくのだ。

次のハウスを一生懸命やることが太陽を輝かせることにつながっていくんだ。

 

 

これを読んで、ものすごーーーーク腑に落ちたのです。

てことは私は知りたい知りたい!を欲求のままどんどん一生懸命にやっていけばいいのか。そうすると、太陽8ハウスの示す「人と深く付き合うこと」につながっていくのだろうか。

 

しかも水星・射手座なので、哲学・海外・旅行・遺跡・精神・スピリチュアルなどの分野に関心を持ち学び、探求しようとする。

 

・・・そのまんまやないかーーい!

 

さらにさらにMCも射手座。MCは天頂を表しその人の目標、なりたい場所、到達点。

ここが射手座だと生き抜くための思想を持ち、抽象化・言語化し社会に広めて人々の精神性を向上させる役割、とな。

私なんぞにそんなお役目があるとは到底思えないけど、自分がこうして気づいたことや知ったことを人に伝えていくというのは確かにとても興味があるところ・・。

 

柔軟の星座なので興味がフラフラしがち、早めに自分の道を見定めると良い、というのも当たっている。

 

ということで、興味のあることをどんどん読んだり調べたりして、知ったこと気づいたことを周りの人やブログで社会にシェアしていく、というのをやっていこうかと思います。

 

あっ、そういえばサビアンでも同じようなことを書かれていたのがあったんだった。
それについてはまた。

 - 星空からのヒント(占星術)